四手辛夷・四手拳・梓辛夷・幣辛夷(シデコブシ)

シデコブシ
和名四手辛夷・四手拳・梓辛夷・幣辛夷(シデコブシ)
科名モクレン科
学名Magnolia tomentosa
英名Ster magnolia
別名姫辛夷・姫拳(ヒメコブシ)
花期
花言葉【コブシ】信頼、友情、友愛、歓迎、乙女のはにかみ
類似植物コブシ、モクレン
このシデコブシが自生しているのは、愛知県瀬戸市にある海上の森など愛知・岐阜・三重の限られた地域しかないんですよね。
この写真を撮ったのは名古屋市。
木が立っていた状況から自生だろうと思うけど、どうだろう?
コブシと違って背が低くて、花も透き通ってはかなげな印象。
偶然テレビを見ていたら、春の訪れを告げる花として紹介されていたんだよ。
「シデ」の名前は、神社のしめ縄についているぴろぴろした紙の「垂」に似ているからとか、花びらが手のひらに似ているから「四手」とか、諸説あるそうです。
愛知県名古屋市 2002年3月23日撮影



COLOR:

SEASON:

KANA: