緑繁縷(ミドリハコベ)

  • ミドリハコベミドリハコベ
  • ミドリハコベミドリハコベ
和名緑繁縷
科名ナデシコ科
学名Stellaria neglecta
英名Chickweed
別名ハコベ、ハコベラ、ホコベ、ホバコ、アサシラゲ、ヒヨコグサ、ピヨピヨグサ、スズメグサ、ヒズリ、ヘズリ、ウサギグサ、オオウサギグサ、オシエグサ、ミキクサ
花期
花言葉愛らしい、あいびき、密会、ランデブー、追想
類似植物ウシハコベ、オランダミミナグサコハコベ
ミドリハコベとコハコベを総称してハコベと呼びます。
春の七草のひとつですね~。
両者の違いは、ミドリハコベの茎が緑色なのに対して、コハコベは赤褐色~紫色をしているところ。
そしてもうひとつよく似ているのがウシハコベ。
ウシと名のつく通りミドリハコベ・コハコベより大きいんですが、もひとつよくわかる特徴があります。
それがめしべ。
めしべが3つにわかれているのがミドリハコベ・コハコベ、5つにわかれているのがウシハコベ。
今度見かけたらよ~く見てみてくださいね~(^^)
荒子川公園 2011年4月2日撮影



COLOR:

SEASON:

KANA: