小海老草(コエビソウ)

  • コエビソウコエビソウ
  • コエビソウコエビソウ
和名小海老草(コエビソウ)
科名キツネノマゴ科
学名Justicia brandegeana = Beloperone guttata
英名Shrimp plant
別名ベロペロネ、鸚鵡草(オウムソウ)
花期
花言葉おてんば、ひょうきんな、さわやかな友情、機知に富む、可憐な人、究極の美
類似植物サルビア
この花の色はなーに?と聞かれれば、おおよそが「オレンジ」とか「緑」とか答えそうですよね。
実は、この色の鮮やかな部分は、苞というつぼみを包んでいた葉の部分。
したがってコエビソウの花の色は「白」なんですねー。
枝垂れ下がった様子から、腰の曲がった海老が連想され、小海老草という名前になったという。
よく見ればゆであがったエビ。
おいしそうかも。。。(^¬^)
  1. 愛知県岡崎市 2009年10月4日撮影
  2. 神代植物公園 2012年2月26日撮影



COLOR:

SEASON:

KANA: