蓮(ハス)

  • ハスハス
  • ハスハス
  • ハスハス
  • ハスハス
  • ハスハス
和名
科名ハス科
学名Nelumbo nucifera
英名Hindu lotus, Indian lotus, Egyptian lotus, Sacred lotus
別名蓮根(レンコン、ハスネ)、蜂巣(ハチス)、水芙蓉(スイフヨウ・ミズフヨウ)、芙蓉(フヨウ)、不語仙(フゴセン)、池見草(イケミグサ)、水の花(ミズノハナ)
花期
花言葉雄弁、休養、沈着、神聖、清らかな心、離れゆく愛、遠ざかった愛、遠くに去った恋、撤回
類似植物スイレン
日本人には仏教に深く謂れのある花としてなじみの深い花。
泥の中から出てきて清らかな花を咲かせることから、聖性の象徴として見られます。
でも、本当は仏教でいうハスってスイレンのことなんだって。
  1. 森川花はす田 2005年7月18日撮影
  2. 星名池 2004年7月18日撮影
  3. 森川花はす田 2005年7月18日撮影
  4. 森川花はす田 2005年7月18日撮影
  5. 森川花はす田 2005年7月18日撮影



COLOR:

SEASON:

KANA: